株式会社DiO|差分情報解析事業

Cognize Business

差分情報解析事業

点と点で、新しい世界をつなぐ
"点群ビジネス"

Point cloud

点群とは

3次元空間の座標(x,y,z)と光学上の色情報(R,G,B)を持った点の集合データ

後述の方法で取得したデータはデジタルデータとして保存し、
用途に応じて加工ができるため昨今さまざまな分野で活用が広がっています

株式会社DiO 点群情報参考画像1 株式会社DiO 点群情報参考画像2

Method

国内有数の機材と技術

代表的な計測方法は下記の通りで、規模や対象物に応じて適切なものを選択します

#01

レーザー測量

対象物にレーザーを照射して表面をとらえ、
その反射波を受光する時間差で距離を測定し、3DCGモデルを生成

株式会社DiO 機材と技術参考画像1

航空測量-ドローン

株式会社DiO 機材と技術参考画像2

地上設置型測量-3Dスキャナー

株式会社DiO 機材と技術参考画像3

GNSS測量-

#02

フォトグラメトリ

対象物をさまざまな角度で撮影し、データを解析・合成して3DCGモデルを生成

SfM多視点ステレオ写真測量技術

Structure from Motion Multi-View Stereo

SfM多視点ステレオ写真測量技術

対象物を撮影した複数枚の写真からカメラの撮影位置を相対的に推定

ここに物体表面のテクスチャに基づいて3次元の立体形状を復元する技術を組み合わせ、高密度の点群データを生成する技術

さらに当社においては高精細な画質を加え、唯一無二の点群データを生成することが可能

株式会社DiO SfM多視点ステレオ写真測量技術イメージ

#03

点群情報ビジネス領域

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 メタバース構築

メタバース構築

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 VRコンテンツ制作

VRコンテンツ制作

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 BIMモデル制作

BIMモデル制作

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 デジタルアーカイブ

デジタルアーカイブ

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 データ解析・検査

データ解析・検査

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 解析イメージ

解析

解析の目的に応じて点群データを合成し、ノイズや不要物を除去
そして AIによる解析を行うことで物体の種別や部位領域の判定、寸法計測や空間認識が可能

株式会社DiO 点群情報ビジネス領域 組織イメージ

組成

三角形や四角形の形で点同士を辺と面で接続したメッシュ(ポリゴン)データに変換
そのデータをさらに規則的に分割し、なめらかな曲線表現と自由度の高い面の編集を行うことで、高密度かつ高精細な3Dモデルを作成

Development

ビジネスの展開

株式会社DiO 森林情報の点群データ化

01

森林情報の点群データ化

ドローンと3Dスキャナによる計測を組み合わせることで、樹木の本数や位置、樹種など必要な森林情報を点群化
人手に頼らない森林情報を実現
また、森林情報の整備によりCO2排出削減効果の算定が可能になるため、環境貢献にも期待

株式会社DiO 3D都市モデルの構築

02

3D都市モデルの構築

まちづくりのDX化を目的とし、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を推進する国土交通省主体のプロジェクトに参画予定
当社は主に点群情報の組成(モデリング)部分を担当し、元請け各社との協業により受注拡大を行う

株式会社DiO 文化財点群データ収集

03

文化財点群データ収集

災害が頻発する日本において、文化財の多くが図面化されていない又は紙で保管されている現状
そこで災害前に点群データを取得し、3Dモデルを作成することで図面化が可能となり、災害時の迅速な再建を実現

株式会社DiO 損害保険の三次元デジタル鑑定

04

損害保険の三次元デジタル鑑定

地震などの自然災害で建物が損壊した際、鑑定人による目視判定がトラブルの原因となっている
災害前後の点群データを取得・比較することで、デジタル情報から透明性の高い情報を迅速に入手でき、迅速な罹災証明の発効を実現

※ビジネスモデル特許出願中